全身脱毛コラム

自宅で全身脱毛?!家庭用脱毛器「ケノン」と「トリア」の口コミ


全身脱毛して全身無駄毛のないツルツル肌になりたい!と思った時、脱毛サロンに通う女性は多いですが、自宅でできる家庭用脱毛器を購入して自分で全身脱毛をする女性も増えているようです。


家庭用脱毛器のメリットってなぁに?


メリット1:時間の制限がない


家庭用脱毛器の1番のメリットは、自宅で好きな時に好きなタイミングで全身の脱毛がはじめられるということです。脱毛サロンに通う場合には、予約を入れておいて、もちろんその時間に行かなくてはいけませんよね。


そういう時間の制限が一切なく脱毛できるので、何かと忙しく生活している女性には家庭用脱毛器はおすすめ。


メリット2:コスパが良い


2番目のメリットとしては、全身の脱毛をする場合のコスト。脱毛サロンで無駄毛が気にならないくらいにまで全身脱毛をしようと思うと、安くてもトータルで約11万円以上かかります。


もともと毛深い女性・剛毛な女性の場合には、さらに回数を重ねる必要が出てくるので、さらに高額の費用を覚悟しておかないと全身の脱毛は終了しません。


それに比べて家庭用脱毛器は高性能で人気のものでも8万円程度で購入できます。一度手に入れてしまえば、あとは何度でも脱毛し放題ということになるので、コストパフォーマンスに優れていると言ってよさそうですよね。


さらに、家庭用脱毛器を自分だけで使わず、友達・家族と共同で使えば、さらにコスパは良くなります。 友達同士でお金を一緒に出して通販するのもいいでしょうし、彼氏・旦那さんのヒゲ脱毛にも使ってもらっている、という方も多いです。


最近では男性でも全身の脱毛をする方が増えていますので、彼氏や旦那さんがもし全身脱毛をしたいタイプの男性であればラッキーですね。一緒に家庭用脱毛器を買って、もしくはねだって買ってもらって(笑)一緒に仲良く脱毛していく、というのも楽しいかもしれません。


私が使ったことのある脱毛器は、「ケノン」と「トリア」です。この2つは家庭用脱毛器の中でも発売されてからの期間が長く、多くの女性から選ばれている人気の脱毛器です。実際に使ってみた口コミ体験談を以下にご紹介しようと思いますので、興味のある方は参考まで。


多くの女性が愛用していて人気の脱毛器「ケノン」について見ていきましょう♪


家庭用脱毛器の種類には「フラッシュ脱毛器」と「レーザー脱毛器」があり、痛みも少ない「フラッシュ脱毛器」の人気が高く、多くの機種が発売されています。


その中でも特に有名で多くの女性が愛用していて人気度が高いのが「ケノン」です。楽天の家電ランキング1位など、とても多くのランキングで1位をとっている家庭用脱毛器です。


照射面積が広い。


実際に使ってみると、私が一番便利だなーと感じたのは「照射面積の広さ」です。とても広いので、すね毛や背中など面積が広い部分でも簡単に照射することができます。(背中は私は体が硬くて自分では無理なので友達にやってもらいました♪)


痛くない?熱くない?


みなさん気になるのが脱毛時の痛みだと思います。私も通販で買う前にこれが一番の心配ごとでした。とても痛みに弱いタイプだし、何しろとってもビビりな性格なもので・・・でも「ケノン」の場合は、全然大丈夫でした。


10段階で照射の強さを設定できるので、一番弱いパワーから全身の脱毛を試しにスタートしてみることができます。一番弱いパワーの照射で痛みを感じる人はまずいないと思います。


そのくらい弱く設定されているので安心です。でもそのままでは脱毛効果も弱いので、慣れてきたら少しずつレベルを上げていきます。少し痛みというかあったかさを感じるくらいまで私の場合は上げて全身の脱毛をやっていきました。


全身のどこの部分を脱毛するかによって、どの照射レベルで痛みを感じるかというのが違ってきます。 毛の質・量や肌の質が部位によって違ってくるからだと思います。


女性のデリケートゾーン付近や、男性のヒゲの場合には、レベルを上げ過ぎると痛みが強いです。


6連射ってなに?


「ケノン」は一回の照射が6連射になっています。なんで6回も連射されるかというと、1回の照射が弱くなっているからです。これによって肌への負担が弱くなっているということです。肌にも優しく全身の脱毛がしていけるということになりますね。


脱毛の前後には、照射した部分を保冷剤で冷やしながらやります。足や腕など広い脱毛部位の場合には、冷えタオルで冷やしながらやればOK。全身脱毛後に保湿もすると、さらに肌に優しく全身脱毛できます。



>>ケノン公式HPはこちら




ケノンのデメリット的側面


イイことばかりの脱毛器!のように書きましたが、1つだけデメリットが。(デメリットという表現が正しいのかどうかは分かりませんが。)


フラッシュ脱毛器なので、脱毛サロンでの脱毛と同じく、期間をある程度空けつつ、回数を何度も重ねないと無駄毛が気にならない肌にはなれません。


数か月から1年以上の長い期間、全身脱毛に取り組んでいくことになります。ここは誤解しないようにしておきましょう。これは脱毛サロンでの脱毛でも同じことが言えますが。


脱毛完了までの期間が短く、より効果の高い脱毛法を求めるなら、以下の家庭用脱毛器「トリア」という選択肢もあります。


家庭用レーザー脱毛器の「トリア」は脱毛効果は高いらしいけど、なんだか使うの怖いんだけど・・・ホントに大丈夫?


「トリア」は「ケノン」など他のフラッシュ脱毛器とは違ってレーザー脱毛器です。レーザー脱毛というのは医療機関・脱毛クリニックなどで行われている脱毛方法のことで、脱毛サロンの光脱毛よりも光出力が強いので脱毛効果が高いと言われています。


その反面、痛みを感じることは多いです。


「そんな出力が高いレーザー脱毛のできる家庭用脱毛器を、脱毛素人が自宅で使って安全性は大丈夫なの?」と思ってしまいますが、「トリア」はアメリカのFDAにも認可されている安全性の高いと認められている脱毛器なんです。


そんな「トリア」を通販してみましたが、最初は自分で使うのがとても怖くなってきて、使う気がしませんでした。これではせっかく買ったのにお金をドブに捨てたも同然!もったいない(笑)と思い、説明書を何度も読みました。


すると正しい使い方をすれば安全性には本当に問題がないようなので、出力一番弱めから全身の脱毛をスタートしてみました。


「トリア」は「ケノン」と比べると照射面積はホント狭いです。その分、レーザー脱毛器なので脱毛パワーは強い。 シティーハンターで言うところの、「ケノン」は海坊主。「トリア」が冴ばりょうといったところでしょうか。「トリア」は一撃必殺という感覚です。(分かりにくいたとえですいません^^;)


早速使ってみると「トリア」は一番弱いパワーでも、ある程度の痛みというか熱さを感じました。でも我慢できないほどではなくて、慣れればどうってことなくなってきます。照射の前後に保冷剤で脱毛部位をピンポイントで冷やしながらやると、さらに感じる痛みは軽くなりました。


照射面積は狭いですが、1秒に1照射という感じで、少しずつ脱毛する部位をずらしながら照射できるので、割とストレスなくスピーディーに全身の脱毛ができます。 ただ、毛の濃い部分はけっこう痛みを感じるので注意が必要です。ひげが濃い男性のひげ脱毛に使ったら、けっこう強い痛みを感じるんじゃないかな?って思いました。



>>トリア公式HPはこちら


痛みは感じますが、そのぶん脱毛効果は高いことを実感しました。現に、一度脱毛しただけですぐに毛がなくなったんじゃないか?と思えるところがピンポイントで出てきました。


これで安全性に問題ないということなので、私はどっちかというと「トリア」派です。短期集中で全身脱毛完了したいからです。


でも痛みの強い部位に関しては「トリア」はちょっときついな・・・と思います。


家庭用脱毛器での全身脱毛のまとめ


このように性能の良い家庭用脱毛器も通販で発売されているので、全身脱毛するなら脱毛サロンに通わなきゃ!と最初から決めてしまわないで、全身脱毛する際の選択肢の1つに入れても良いのでは?と思います。私の実際に家庭用脱毛器を使ってみた口コミが役に立てばうれしく思います♪


オススメ脱毛情報ページ

脱毛の種類について│光脱毛・レーザー脱毛・針脱毛(永久脱毛)
全身脱毛するとホルモンバランスが崩れるってホント?
男の全身脱毛事情@おすすめメンズ脱毛サロンは?






全身脱毛で人気のサロン

 

全身脱毛コラム

 

エリア別の人気全身脱毛サロン